Victor HR-X1修理記録 : アニメで犬ばかり見てるアニメで犬ばかり見てる

    スポンサーサイト

    • --/--/--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Victor HR-X1修理記録

    • 2015/11/10
    IMG_5532.jpg

    1991年発売の高級S-VHSデッキ。
    ヤフオクですぐに電源が落ちるジャンクとして落札したものを修理しました。このブログの趣旨と全然違いますけど、ダビング作業がまだ続いているため、古いVHSを出来るだけ高画質でダビングしたくて色々なデッキを試してます。

    1991年と言えばバブル最絶頂期で私が生まれた時代。このHR-X1は定価22万円もします。そんなものが普通に売れてた時代なんですね。

    修理概要



    IMG_3330.jpg

    すぐに電源が落ちるということは電源そのものに問題があるかメカ部分の位相がズレていることが原因と考えられる。でも電源を入れる以前に蓋が固まって動かない。これはギアがビデオ挿入時の状態になってるわけなので明らかに位相がおかしい。
    というわけで分解。

    IMG_3333.jpg

    基板を外して電源とカセットハウジングを取り外した状態。

    酷使してないとのことだったけど結構汚れてるし御香臭い。タバコよりマシだけど。

    蓋はカセットハウジングの位相を直せばすぐに直るのでビデオは入るようになったものの、ビデオを入れるとギアが空回りしてやはり電源が落ちてしまう。

    どうやらメカポジションセンサーがイカれてるらしい。X1の部品はメーカーに問い合わせてももう残ってないので中古品から貰うしかない。

    IMG_3339.jpg

    そこで利用したのがHR-X1 LTD!(定価27万円 右)
    贅沢なことにさらに上位な機種を部品取りとして使いました。

    HR-X1 LTDは上位機種ですが無印とほぼ同じ設計なのでパーツをそのまま流用できます。こいつはしばらく使用してたら映像基板が死んで使えなくなった物。全体的な状態は良好なので電源とヘッドを含めたメカを貰うことにしました。

    IMG_3348a.jpg

    あとは組み立て直して映像の位相調整して修理完了!
    再生画質はなかなかいい感じ。X1はその後のXシリーズのようなデジタル補正回路は無いものの、その分テープ本来の画質を最大限生かした自然な画質で好きです。Xシリーズで最も画質が良いのはX1だという話もありますが比較したことがないので確信はないです。

    ただ、やはりコンデンサ劣化のせいか状態の悪い3倍テープなどでは映像が乱れる。見た所液漏れしてるコンデンサは見当たらないため原因特定には至らず。100%の性能を引き出せないものの自分みたいな素人修理に不具合コンデンサの特定は厳しい…。多分ケミカルコンデンサのどれかだと思うんだけど。

    HR-X1とHR-X1 LTDの違い


    IMG_5535.jpg

    「LTDも同じ部品なのになんで5万円も高いんだよ?」
    って思ってる人、きっとたくさんいると思います。私も実際いじるまで疑問でした。

    そもそもLTDはLimitedの略でX1をさらに高級にした受注生産品です。
    一番違う部分はもちろんデザイン。X1はわざとダサくしてるんじゃないかというほど真っ黒ツルツルなデザインですが、LTDは美しいシルバーを基調にしたシャンパンゴールド。さらにサンディマット加工をジョグシャトルと操作ボタンにも施しています。FLディスプレイもLTDはオレンジ色を基調にし、より落ち着いたものに変わっています。

    サイドには1kgほどあるサイドウッドパネルを装備し質量を増加させ、トリプルサスペンション大型インシュレータという「足」を備えることでテープの振動を極限まで低減させ画質と音質の安定性を向上。

    さらに端子部分に金メッキを使用。(無印はフロントのみ)主に音質にこだわる人のための製品というわけです。

    ここまで読むとLTDがすごい性能に思えるけど…実際の所プラシーボ程度の違いしか無いですよ。

    24年前の違いがわかる人にはわかったかもしれないけど、実際比べてみても違いが全くわかりません。それに重量を増加させたと言ってもX1の時点でクソ重いんですよ。10kgもあるんですよ2000年代のスカスカデッキと比べれば何倍も重いんだからもう十分じゃないかと。

    IMG_5550-3.jpg

    でもこのデザインは美しいと思う。音質にこだわる重厚な作りはオーディオコンポそのもの。これぞ当時の最高級機、本当のX1なんでしょう。

    翌年Victorが発売したHR-20000と比べるといびつで不恰好ですけど、その基本構造はこのX1から受け継がれています。

    これは27万くらいポンと払えるバブルの金持ちがX1を買う人よりもさらに上に立つための商品なんです。実際の性能の問題じゃなかったんでしょう。
    関連記事

    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://baltomutt.blog59.fc2.com/tb.php/559-33c95305

    Comment

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    プロフィール

    MASA

    Author:MASA
    ディズニーなどの海外アニメが好き。特にバルトが大好き。本当に犬しか見てないわけではないけど動物キャラが好き

    Link

    v65oai7fxn47qv9nectx_normal.png

    アクセスカウンター

    広告

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。