海外アニメDVDに付いて来るゲームを真面目にレビューする Part5 : アニメで犬ばかり見てるアニメで犬ばかり見てる

    海外アニメDVDに付いて来るゲームを真面目にレビューする Part5

    • 2014/11/30
    2014y11m30d_135419446.jpg


    オリバーニューヨーク子猫ものがたり ホーム・オン・ザ・レンジ オープン・シーズン

    オリバーみたいな神映画を右のクソ映画ブラザーズと一緒に並べるなんておこがましいと思わんかね。


    Oliver and Company 20th Anniversary Edition (2009年)

    IMG_3284.jpg


    2009年にアメリカで発売されたオリバーニューヨーク子猫ものがたり20周年エディションのDVD。日本では発売されていない輸入品。


    Oliver's Big City Challenge Game ★★★★★


    ドジャー達の仲間になってニューヨークの街でミッションをこなしていこうというゲーム。

    2014y11m27d_030852233.jpg 2014y11m27d_030824312.jpg

    最初は落ちてるソーセージの数を数えるミッションで、開始前にその場にあった仲間を選択する。

    「street savoir faire(大都会で生きていくコツ)をよく理解しているのは」

    もちろんドジャーだよね!

    いや、新参が仕事仲間の人選とか舐めてるのか?

    まあいいやゲームだし…答えないとゲームが始まらないだけでゲーム進行に影響は無い。

    2014y11m27d_031050594.jpg

    次にセメントに残った足跡当てが始まる。ハイライトがかかってるのがリタの足跡なんだけど

    こんな細長い足跡の犬いないだろ?

    犬じゃねーよこんなの。だいたい犬は4足歩行なんだからこんな等間隔の足跡付くわけが!…

    まあいいやゲームだし…

    2014y11m27d_031206558.jpg 2014y11m27d_031200259.jpg

    間違い探し。
    間違いというか合成が無茶すぎてクソコラ当てゲームみたいになってる。

    2014y11m27d_031457955.jpg2014y11m27d_031422625.jpg

    一応最後の問題だけは本気出されて少し難しい。ゲームオーバーは無いから何度でも選べるけどね。

    2014y11m27d_041955786.jpg

    そんなことして遊んでたらまんまとジェニーがサイクスに誘拐されてしまったのでサイクスのアジトへ潜入することに。足跡がアジトまで通じているものを選択する。

    2014y11m27d_042608857.jpg

    これをクリアすると「監視カメラのコードを切れるキャラを選んでくれ」と言われる。当然これは本編にあった通りティトを選びたいけど…

    2014y11m27d_030835430.jpg

    正解は何故かドジャー

    ただでさえ少ない活躍を奪うなよ…

    2014y11m27d_031725435.jpg

    次に暗証コード入力。5桁の番号が光るからそれを記憶して順番に押していく。かわいいドーベルマンが映し出されて目がそっちに行ってしまうが惑わされてはいけない。耐えなければ…

    2014y11m27d_031748948.jpg

    今度はフェイギンのバイクが断線したから正しいコードを繋ぎ合わせて直す。いきなりそんなこと言われても無茶だけど“?”ボタン押すと正解が光って誘導してくれる。

    2014y11m27d_032000564.jpg

    最後はヘルメットで窓からの突入。

    あれ、時系列おかしくないか…?

    2014y11m27d_032021430.jpg

    どうやったかはわからないけどジェニーは助かったしめでたしめでたし。

    上にあるミッションの全ては変動性になっており、DVDを取り出してまた再生すればオブジェクトが微妙に変化する。何度か遊ぶことを前提に作られているのはなかなか手が込んでる。そんな何度も遊ぶゲームじゃないけど。

    少なくとも1989年に発売されたamigaのゲームよりはマシかもしれない。



    Oliver’s Updraft Adventure ★★★★★


    2014y11m27d_051740832.jpg

    DVDゲームとは違うが、オリバー20周年DVD発売時にはアメリカのディズニー公式サイトでオリバーのFlashゲームを遊ぶことができた。現在は消滅して遊ぶことができないがゲームを保存しておいたので一応存在は紹介できる。

    2014y11m27d_051556767.jpg

    このゲームは地下鉄の通気口に吹き上げられたオリバーを操作し、飛んでくる物を取ったりよけたりしてハイスコアを競うもの。

    でもパソコンに保存してあるファイルを再生しても上手く動作してくれない。スコアは0になるし残機がマイナスになっても動き続ける。どうやらディズニー公式サイト内でswf外部のスクリプト制御が存在していたらしい。それが消滅した今はどうやっても当時ように遊べないようになってしまった。なかなか面白いゲームだっただけにこれはとても残念。

    Oliver3.jpg

    ちなみに遊べた時代はこんな風だった。
    食べ物に触れるとポイントが貯まり、サングラスに触れるとサングラスをかける。ゴミ箱の蓋に乗れば空中サーフィンに。

    今、当時のサイトにアクセスすると日本からのアクセスはリダイレクトされる。プロキシでアメリカ版を開いてもゲームが無いどころかオリバーの紹介ページそのものが消えてる。

    こうしてオリバーという映画があったこと自体忘れられていくのだろう。





    ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか牧場を救え! (2004年)

    IMG_3288.jpg



    お笑い農場へようこそ! チャレンジ・コーナー ★☆☆☆☆


    2014y11m29d_025823686.jpg

    これを押すとこんな感じの笑い声が出る。



    あまりにもこの映画がクソ詰まらなすぎて製作者はついに客を笑わせる努力を放棄したらしい。そこでボタンを押すと自動的に笑い声が出るスイッチを発明した。それがこれだ。

    ホームドラマ効果でこれを聞いた人は絶対に笑う。どんなクソアニメでも客を笑わせられるなんて天才的だとは思わないか?


    …というのは冗談だけど、今まで見てきた中で一番くだらないインタラクティブ要素だと思う。

    ジョークを言って機械に笑ってもらうなんて、むなしすぎて死にたくなるだろ?

    もともとこれは「お笑い農場」という農場ジョーク詰め合わせコーナーに入っているものの1つで、ジョークそのものは結構面白いので一見の価値あり。





    ヨーデル・メモリー・ゲーム ★★★★★



    2014y11m29d_032409330.jpg 2014y11m29d_033205972.jpg

    扉が開いた順番を覚えるゲーム。
    キャラクターがヨーデルを歌いながら扉を開け、その順番通りに選択していく。7枚全部正解するとより高度なレベルのステージで7枚の扉が10回開くため難易度が格段に上がる。

    単純なように見えて実は構成がよくできている。

    一般的な人間は一度に7個前後のものを短期記憶できるとされている。これはアメリカの心理学者ジョージ・ミラーに提唱された説でマジカルナンバーと呼ばれている。

    そのため扉が7枚あるのは記憶クイズとしてベストなバランスを保っている。さらにこの基本的な難易度の次に7枚の扉が10回開くという絶妙な難易度へ移行する。もしこれが単純な信号であれば10個の順番を記憶するのは困難だ。しかしこのゲームでは扉の色、キャラクターの声、配置による図形認識で長期記憶へと結びつけるヒントがある。これにより一般的な人間の心理学的限界に見合った見事なゲームとなっている。

    笑い袋みたいなクソゲー作っておきながらこんな秀逸なゲームを作れたのはなぜなのだろう。人類の神秘か神の奇跡か。





    オープンシーズン コレクターズ・エディション(2007年)

    IMG_3291.jpg



    七色の声 ★★★☆☆


    2014y11m30d_005145701.jpg

    英語・日本語・ポルトガル語・スペイン語・フランス語・スウェーデン語・ギリシャ語で本編から4つのクリップを見ることができる。この映画が好きな人には良いかもしれないが、そこまでこの映画が好きな人がはたしているのだろうか。

    運命のルーレット 森バージョン ★★☆☆☆


    2014y11m30d_005637260.jpg 2014y11m30d_010359533.jpg

    ルーレットを回して場所キャラからクイズが出題される。
    クイズは4つのパネルに書いてあるヒントからそれが何なのか予想するという遊び。

    2014y11m30d_010405679.jpg

    全部のパネルがめくられると答えを教えてくれる。上の答えは「リス」

    当たってたらクマを押して、間違いだったらウサギを押そう。

    …え?

    自己申告かよ!?

    いままで色んなゲームをプレイしてきたけど、クイズの成否を申告させるなんて初めて見たぞ!?

    1人でボードゲームやるようなもんだよ。どんだけ正直さを試されるわけ?このゲームは?

    一応このゲームは2人プレイモードがあり、友達の成否を管理するのがプレーヤーの役目になっている。だとしても自己申告するくらいならボードゲームやろうよ。このアニメをクイズにするほどハマる子なんて滅多にいないだろう。



    Part6へ
    関連記事

    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://baltomutt.blog59.fc2.com/tb.php/533-996fda5c

    Comment

    flint

    はじめまして。オリバー、大好きでした。
    リタのせいでケモ姐さんに目覚めてしまった…いや
    ジョルジェットも好きでしたけど。
    今見るとやっぱりビリー・ジョエル(日:松崎しげるも!)が
    やっぱり歌唱力あって豪華だな~と思います。
    今でも心に残る名作の1つです!
    • URL
    • 2014/12/09 23:40

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    プロフィール

    MASA

    Author:MASA
    ディズニーなどの海外アニメが好き。特にバルトが大好き。本当に犬しか見てないわけではないけど動物キャラが好き

    Link

    v65oai7fxn47qv9nectx_normal.png

    アクセスカウンター

    広告

    検索フォーム