マイリトルポニー50話の日本語字幕 : アニメで犬ばかり見てるアニメで犬ばかり見てる

スポンサーサイト

  • --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイリトルポニー50話の日本語字幕

  • 2012/04/17
シーズン2 第24話 ケーキ夫妻のケーキが列車内で何者かに食べられるミステリー。




以下シーズン2 第24話「MMMystery on the Friendship Express」解説とネタバレ
 

変な理由で26話のガラで出て来たジョーが再登場。

2012y04m17d_220510951.jpg

今回の話はキャンタロットのお菓子品評会までお菓子を列車で運ぶという話でしたが、誰もが「会場で作らないの?」と突っ込みを入れたくなったことでしょう。

多分それはこういう理由です。
「遠方からお菓子を運ばせて崩さなかった者だけが出場資格を与えられる」という運搬試験です。
より壊れやすいお菓子を遠くから運んでくれば高得点!。

実際ラストシーンをよく見てくださいよ

↓めちゃくちゃ壊れやすそうなケーキ

2012y04m17d_221544419.jpg

↓一口も味見せずに一等賞を与える謎の審査員。

2012y04m17d_221806623.jpg

「列車内で共食いしたけど協力して修理?感動した!1等賞!」

嘘ですけど私は割と本気でこう思います。


今回はとにかく言葉遊びで韻を踏みまくりでした。
とても完璧には置き換えられないので、一部意味が変わったり載せ切れていない部分があります。

特にピンキーの美味しそうなお菓子の解説がストーリーに影響していることもあって出来るだけ日本語で再現したかったんですが、トーストとホットケーキレベルの料理しかしない私には無理でした。

まずミュリアの“Chocolate Mousse Moose”はチョコレートムースで出来たヘラジカという意味です。

“mousse”デザートのムース
“moose”ヘラジカ

“Marzipan Mascarpone Meringue Madness”は文字通り頭文字が全てMなので略すと“MMMM”(ンー)。

マジパンとかマスカポーネとかメレンゲがどういう料理かは私が解説できることじゃないんで、ググったほうが良くわかると思います。

最後の“Madness”という言葉はお菓子じゃなくて、「怒り・狂気・熱狂」という意味の単語です。
それをたまに食べ物の名前(特にお菓子)に使うことがあって、辞書通りに訳せば「狂気の~」という意味になります。

でも食べ物の場合の意味は辞書に載ってない気がします。
そのため、例えばchocolate madnessを意訳すれば「チョコレート天国」みたいな意味が近いと思います。


ピンキーが8分20秒あたりからいい始める“done it”はdid itの変わった言い方で、日本語に訳せば意味はdid itと同じ「やった」です。ニュアンスとしては取り返しの付かない過去の出来事に対して使う感じだと思います。過去分詞系としての意味はそんなありません。

そしてこの場合のdone itは推理小説用語なので、「遂行」や「犯行」と訳すのが一番近いと思います。ただ、ピンキーはこれを使った言葉遊びで“Who did-done-dood it”だとか”who do-doned it”など変な言い方をしていたため音を優先し「やったっちゃった」と訳してあります。

そのため意味は少し正確ではないんですが、私の脳によるピンキー語訳はこれが限界です・・・。

個人的感想
この話を最初に観ていたとき、「友人の誰かが犯人」と予想は出来ました。
しかし、まさかあの友達が壊すなんてありえないと思ったので「シェフが犯人・・・それともセレスティアが・・・」と色々考えました。
でも結局友達が犯人という奇妙なオチには突っ込まずにはいられません。

ピンキーの威厳がかかったケーキを出し抜いてまで食おうとするとか最低じゃん!?

絶交は確実。被害届出すレベル。
髪が破裂してストレートヘアー化してもおかしくないくらいの裏切り。

それを許しちゃうピンキーの寛大さは明らかにラリティを超えています。
ピンキーの威厳を失墜させかねない行動を取ったレインボーの忠誠は地に堕ちてます。
フラタシャイは泥棒した時点で優しさの欠片もありません。

こいつら3人のリアル暗黒面が見られたという点では25話の病みピンキーよりひどい話です。
謝ったこと以外ならギルダより酷い。

それに比べてアップルジャックは天使だなぁ・・・というわけで

3分03秒のアップルジャックを無限よだれ化しました。

新規5



最後に

2012y04m17d_215017140.jpg

ラバは生殖能力を持たずに生まれるため子孫を残すことができない家畜。
そんなラバが立派なオスのムースの像を作ってるとなんだか見てて悲しい。
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://baltomutt.blog59.fc2.com/tb.php/349-f7aee0cc

Comment

RC

ラリティの髪型の違和感と2次イラスト絵で薄々犯人と思っていたが・・・、まさか複数犯とは・・・。
AJは最初に印象悪くして犯人と見せかけて犯人じゃなかった系キャスト。
  • URL
  • 2012/04/18 00:42

サイクロップス愛好家

さすがラリティ!自分の欲望にも寛大やでぇ!

この回AJ成分が不足しすぎなのと友情>我欲な三人の扱いのせいで面白いけど腑に落ちなかった……、危うくセレスティア様に萌え殺されるかと思ったし。
  • URL
  • 2012/04/18 02:08

seidou

探偵ネタをやりたかったんでしょうけど、
なんでmane6に犯人を設定したし…とは思いましたね。
それだけウマそうなお菓子だったのでしょうけど。
面白かったんですけど、なんかモヤモヤします。
  • URL
  • 2012/04/18 12:23

ワタル

気づくのが遅すぎかもしれませんがMLPって子供向けアニメから少しずつ遠ざかっているような・・・完全ではない(と思う)けど。
  • URL
  • 2012/04/18 16:40

anonymous

 我慢して食べなかったAJはいい子だと思いますがそのせいで食べた奴らやメインのピンキーやトワイがいることもあって、メイン6人の中で最も存在が薄くなってしまっているのが残念です。

 AJが主役の回が15話以来全くないと言うのもあって不憫に思えます。でもまぁ可愛いからいいんですし!
  • URL
  • 2012/04/18 19:51
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

MASA

Author:MASA
ディズニーなどの海外アニメが好き。特にバルトが大好き。本当に犬しか見てないわけではないけど動物キャラが好き

Link

v65oai7fxn47qv9nectx_normal.png

アクセスカウンター

広告

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。