今までにやらかした誤訳 : アニメで犬ばかり見てるアニメで犬ばかり見てる

    今までにやらかした誤訳

    • 2011/11/03
    マイリトルポニーの訳をいままで9本上げてきました。
    しかしあまりに短期間に仕上げてしまったためにろくな確認もせずアップロードしてしまったものがあり、それらには重大な誤訳も含まれています。私が後から気付いたものの他に、コメントで指摘を頂いた物についてはここで感謝を述べさせてもらいます。
    ニコニコのほうでは投稿者コメントを使用して明らかに間違った訳を修正しました。観た人に誤解をそのままにするのもいけないのでその点を書いておこうと思います。

    11話

    “Winter wrap up”「ウィンター・ワラップ」ではなく「ウィンター・ラパップ」が適当とのご指摘。

    全くもってその通りです。
    0分16秒と2分25秒の部分ではちゃんと「ウィンター・ラパップ」と表記しているのに、それ以外の場所ではなぜか「ウィンター・ワラップ」と表記してしまっています。このエピソードは何度も確認したはずなのにこんなミスがあったとは・・・



    12話

    6分15秒
    “That'll be four bits.”
    「50セントになります」
    ここは「4ビッツ」と訳すべきでした。
    bitsと言う単位は1bitが2分の25セントのことでアメリカドル単位だと4bitsで¢50となります。しかしこのアニメは通貨単位を曖昧にするために4bitsと言っておりセントと訳すのは間違いでした。日本人にはわからない単位ですが、硬貨4枚の意味でビッツを把握すればわかりやすいと思います。


    それとflankというセリフを「脇モモ」と訳したのも問題でした。
    間違ってはいませんが、脇モモなんていう日常で使わない単語より、「腰」と訳すべきでした。
    修正してませんが今後flankという単語が出て来たら腰と訳します。


    23話

    4分10秒
    “I say, my dear, what in the world is a rooster?”
    「オンドリ」とはどこの世界の言葉だ」
    誤訳というわけではないですが、what in the world というのは「一体~」という意味なので「世界」の部分は不要です。
    しかしこの場合アップルジャックは違う世界の住人たったため「どこの世界の」と訳しました。
    ネイティブがそこまで含めてこの単語を使用したのかはわかりませんけどね・・・





    ここから先の15話以降が問題でした。
    ほぼ1日1本のペースで上げたため、ろくに確認もせず字幕を付けてアップロード。そのせいで明らかな誤字や誤訳が多数残ってしまいました



    15話

    0分23秒
    “I can't help it”
    「俺には無理」
    正しい訳は「我慢できないんだよ」
    文の繋がりからして明らかな間違い。本来直訳してはいけない語を短いばかりに誤訳してしまいました。

    2分25秒
    “I could just see it”
    まだわかんない
    正しくは「ただ見えてただけ」
    ・・・just see itって言ってるのに
    直訳で見えただけって解釈にしかならない単純な文なのに!?
    なんでこんな誤訳しちゃったの?

    3分00秒
    “Is it safe to go help her?”
    「大丈夫かな?」
    正しくは「助けに行っても平気かな?」
    略しすぎです。略してはいけない部分まで略したせいで後の語の繋がりが意味不明になってしまいました。

    12分17秒
    “I thought you didn't believe in this stuff.”
    まだ信じてないの?
    正しくは「信じてなかったんじゃ?」
    2つ上といい・・・「まだ」なんて単語どこにも使ってないのにどこから出てきたんでしょう。何でこんな単純なミスをしたのやら。
    となるとその後のI Don'tを「しないの」と訳してるのもおかしくなります。

    14分15秒
    “and the only doozy here is how right I am.”
    私はこうやってピンピンしてる
    正しくは「今凄い事と言えば私が正しいとわかったというだけ」


    それと0分51秒で“what in the wide wide world of Equestria are you up to?”をこの広大な世界で何を警戒してるの?と訳した点について。誤訳と言うわけではないですが、23話のアップルジャックのセリフと似た用法です。普通こういう場合What in the world are you up to?と言い、日本語で「一体何をしているんだ?」と訳すのが普通。しかし、wide wide world of Equestriaという世界そのものの広大性を強調していたのでここを意訳。でも今思えば直訳っぽすぎる所が不自然で直したい気分。


    20話

    3分8秒
    “More sequins!”
    反射をもっと!
    sequinsを反射と訳しましたが、後になって「輝き」と訳したほうが良かったことに気付きました。
    写真撮影において反射と言ったらミラーのことなのでsequinsは輝きという意味の方が合ってるでしょう。

    7分55秒
    “You must. You must! You must!”
    私のため 私のために!
    正しくは「あなたのため!」 短くすれば「(モデルを)やって!」
    ラリティが「私のためを思ってモデルをやって」と懇願していることから最初は意訳のつもりでこう訳したものの、その後の14分42秒のフラタシャイでI mustを「私のため」と訳したため、この意訳は誤訳になってしまいました。そもそも1つ前のyou must部分は「やって」と訳されているためこの部分も「やって」と訳すべきでした。

    19分20秒
    “Oh... oh, Fluttershy. It's so awful. I wanted them to.”
    あんな酷い姿だったから私が・・・
    正しくは「酷いことに 私はそれを望んでいた」
    文の意味も繋がりも狂ってる明らかな誤訳です。



    19話

    0分20秒
    “Sapphire Shores! The Pony of Pop!”
    「サファイア・ショーア! ポニー回のポップ!」
    ポニー回ではなく「ポニー界」です。誤字。

    0分49秒
    “How may I help you, Sappire?”
    では ミス・サファイア?
    指摘があるまで「ミス」を言ってないことに気付きませんでした。

    1分29秒
    “Costume changes.”
    カスタムチェンジよ
    カスタムチェンジではなく「コスチュームチェンジ」とのご指摘。customと間違えるとは一体。

    2分18秒
    “Oh my gosh, Sapphire Shores! The Pony of Pop!”
    サファイア・ショーア!ポニー回のポップ!
    界を回と間違える一番上と全く同じ誤字です。完全に変換間違えてます。

    16分00秒
    “Water, water. I'm terribly thirsty”
    そう言えば喉か沸いた
    「渇いた」を誤変換




    29話

    この回は長文のミスが多いです。

    3分40秒
    “Triple check checklist to make sure we didn't miss anything when we double checked the checklist.”
    3重チェックリストで漏れが無いか確認し 2重にチェックする
    正しくは「2重にチェックリストで漏れが無いか確認し 3重にチェックする」。2重と3重の部分が逆になってました。ついでに接続詞が脱字してたのでそれも修正。

    まさにこれは私に対して必要な言葉でした・・・

    13分56秒
    “Looks like three good friends who obviously don't need the help of another good friend.”
    3人ともほかのみんなと同じで何の問題も無いのね
    正しくは「3人とも仲良しでほかの友達の助けなんていらなさそうね」
    元のままでもいいようにも思えますが本来の意味からすれば間違いに違いは無いので修正。

    14分21秒
    “She even comes with her own notebook and quill, for when you want to pretend she's doing her homework!”
    ペンとノート付き!これで勉強姿が偽装できる
    正しくは「ペンとノート付き!これで彼女の宿題ごっこができる」
    この文のpretendが曲者で、この単語は「偽装」と「~ごっこ」両方の意味を持ってます。最初偽装を選んで訳しましたが、 she's doing her homeworkと言っているので「彼女の宿題ごっこ」と訳すのが適当でしょう。

    20分52秒
    “And that you shouldn't let your worries turn a small problem, into an enormously huge entire-town-in-total-chaos Princess-has-to-come-and-save-the-day problem.”
    それが心配に値しない小さな問題と思っても、超巨大な町全体を覆っちゃうようなカオスで女王様が解決しちゃうような問題でも

    正しくは「あなたはその小さな心配事を、超巨大な町全体を覆っちゃうようなカオスで女王様が解決しちゃうような問題にしてはいけないのです。」
    それぞれの繋がってる発言を区切ってしまいました。そもそもラリティの文も誤訳しててめちゃくちゃ。今までした中で最大の誤訳かもしれません。一度でも読み返せば意味不明な文になってるって気付くのに、よりによって最後の重要な学んだタイムでこんな誤訳してしまうなんて・・・



    こんな具合に誤訳山盛りでした。
    もう無いと思いたいですが指摘があればすぐ修正します。それにこの面倒くさがって早さばっかり重視してた点を反省し、これからはもっと再確認に時間と取ることにします。

    まさかこの記事でも間違いがあったり・・・しないよね?
    関連記事

    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://baltomutt.blog59.fc2.com/tb.php/223-463f11c0

    Comment

    kkkk

    29話の"You can't punish her!"はどちらかというと「罰だなんてとんでもない!」が近いような気がする。
    「怒っちゃダメ!」だったら"You don't punish her!"かな?

    13話
    http://www.nicozon.net/watch/sm16071010
    24話
    http://www.nicozon.net/watch/sm16069781

    新たな挑戦者が現れた模様です。(スマブラ風に言ってみた)
    • URL
    • 2011/11/04 10:16
    • Edit

    まさ

    新しい翻訳者が来てくれるのはありがたいですね。早く字幕が揃いますし、天国から来たわんちゃんの訳も余裕が出来て捗ります。

    罰のくだりについてですが、字幕を短くまとめるために若干ニュアンスが変わっていることがあります。それもこれの一種ですがそれが誤訳に繋がらないようこれからはよく確認することにします。

    それと"You don't punish her!"という言い方だと目上の人に言うのには強すぎて失礼なのでwouldかshouldにしたほうがいいと思います。
    • URL
    • 2011/11/04 13:31

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    プロフィール

    MASA

    Author:MASA
    ディズニーなどの海外アニメが好き。特にバルトが大好き。本当に犬しか見てないわけではないけど動物キャラが好き

    Link

    v65oai7fxn47qv9nectx_normal.png

    アクセスカウンター

    広告

    検索フォーム