マイリトルポニー11話の日本語字幕 : アニメで犬ばかり見てるアニメで犬ばかり見てる

    マイリトルポニー11話の日本語字幕

    • 2011/10/08



    以下第11話「Winter Wrap Up」の解説とネタバレ
    歌詞の訳と解説

    Winter Wrap Upという語は日本語に無理やり訳すと冗長になってしまうためウィンター・ラパップとそのまま載せてます。

    Wrap Upというのはこの場合片付けという意味で、Winter Wrap Upを直訳すると冬を片付けるという意味になりますが、そもそも現実では季節は勝手に変わるものなのでこれはアニメだけの造語です。そのため無理に訳さず意味だけ理解してウィンター・ラパップと把握したほうがいいでしょう。

    この回で言っているアースポニー(Earth Pony)というのはユニコーンでもペガサスでもない普通のポニーのことを指し、アップルジャックやピンキーパイがこれに当たります。一応設定では体力があったり文化的才能がある種ということらしいですが・・・やっぱり不憫。

    それとトワイライトがトマト風呂に入っている理由について。
    あれはスカンクの臭いを取るためで、主にアメリカの西海岸では都市部にスカンクが良く現れるため臭い消しにトマトが使用されます。ただ海外アニメなどにおける定例ネタであるだけで真偽のほどはわかりません。

    そして何よりこのエピソードのいい所はWinter Wrap Upの歌。海外でもこの挿入歌は1・2を争うほどの人気です。海外アニメにミュージカルシーンは付き物ですがこのアニメはTVアニメでありながら歌の質が映画級。評判がいいわけです。

    今回のWinter Wrap Upの歌詞の訳は少し意訳多めになってます
    例えば3分12秒の歌詞

    The time has come to welcome spring, And all things warm and green
    意訳:さあ春が訪れる 新緑にこんにちは
    直訳:春の訪れによる暖かさと緑に歓迎しよう

    But it's also time to say goodbye, It's winter we must clean
    意訳:そして別れも訪れる 冬にさようなら
    直訳:しかし別れを告げ冬を掃除する時でもある

    吹き替え訳ではないので直訳でもいいんですけど好きな曲だけに雰囲気を大切にできれば・・・

    個人的感想
    トワイライトが最後に「忍耐強く勤勉であれば誰もが見出せるのです」って言ってるけど、それって自分のことだよね、自画自賛だよね。合ってるけど。

    感想と言うよりここに書くことが毎回トワイライトへの文句みたいになってるような気が

    関連記事

    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://baltomutt.blog59.fc2.com/tb.php/204-a9407cd5

    Comment

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    プロフィール

    MASA

    Author:MASA
    ディズニーなどの海外アニメが好き。特にバルトが大好き。本当に犬しか見てないわけではないけど動物キャラが好き

    Link

    v65oai7fxn47qv9nectx_normal.png

    アクセスカウンター

    広告

    検索フォーム