おやゆび姫サンベリーナ : アニメで犬ばかり見てるアニメで犬ばかり見てる

    スポンサーサイト

    • --/--/--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    おやゆび姫サンベリーナ

    • 2011/09/19
    CIMG2446.jpg

    おやゆび姫サンベリーナ (原題:Thumbelina)

    1994年に公開されたド・ンブルース製作のアニメ映画。
    原作があるドン・ブルース作品の中ではアンデルセンストーリーの親指姫が一番有名な題材だと思います。そのためディズニーアニメと記憶している人も多いのではないでしょうか。

    あらすじ

    花の中から生まれた、親指ほどに小さいけれど美しい少女サンベリーナ。すぐさま街の人気者になるが、自分だけがみんなと違うことに孤独を感じ始める。そんなある日、やはり親指ほどの大きさしかない妖精の谷の王子コーネリアスとの運命的な出会いが訪れる。互いに恋に落ちたふたりは結婚を約束。王子は王様の許しをもらうため旅に出るのだが、その際にサンベリーナは彼女に一目惚れしたヒキガエルに誘拐されてしまう。なんとか森の虫たちの助けを借りてヒキガエルの手から逃れたサンベリーナ。でも、本当のたびは、ここから始まろうとしていた。

    (DVD裏のあらすじから抜粋)


    Wikipediaに原作の親指姫について書いてあるのですが、原作のあらすじとこのアニメのあらすじはほとんど一緒です。ディズニーなんかだと原作の大幅な改編は常識なのでここまで原作に忠実なアニメは珍しいかもしれません。ここらへんもドン・ブルースらしさなのかな、と思うんですが私は親指姫以外で原作を知ってるドン・ブルース作品が無いため正確なところは把握してません。ただ原作に忠実すぎるせいかあまりストーリーに山が無く絵本を読んでるような気分。94年のアニメにしては古典ディズニーのような雰囲気が強く出ている作品です。それがドン・ブルースの持ち味でもあるんでしょうけど。

    作画の質については言わずもがな。ディズニーにも劣らない美しさでサンベリーナの動きは特に洗練されてると思います。ドンブルースアニメは女性の体の描き方がとても上手い。そしてドンブルース作品らしく音楽も良い。挿入歌がとにかく多くてまさにミュージカルアニメ。吹き替えの質も良いので日本語でも英語でも楽しめます。

    ただヒキガエルのデザインが生理的に気持ち悪いのがなんとも・・・一応悪役なんでこれでいいんですがドンブルースのキャラによくあるたらこ唇を前面に押し出したカエルのデザインはなかなかグロいです。あとツバメの「ジャキモ」。こいつがアメリカ物語の鳩に激似。歌声が似てるし歌の内容も「諦めちゃダメ」というので一致。さらに帽子も一致(ry


    ついでに、映画とは関係無いことですが

    CIMG2438.jpg

    サンベリーナのDVDケースがなぜかでかい。特別な仕組みがあるわけでもないのに。古い仕様だからでしょうか?地味に気になる。
    関連記事

    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://baltomutt.blog59.fc2.com/tb.php/186-5538bd1e

    Comment

    森田

    びっくり(笑)サンベリーナ持ってるんですね☆
    VHSより映像はキレイですか?
    サンベリーナのオリジナル吹き替えはアリエルで日本語吹き替えだとジャスミンと一緒ですよね(^^)/
    なつかし~
    • URL
    • 2011/09/20 00:28

    まさ

    こんにちは
    言われてみれば歌声がアリエル!どうりで歌がいいわけだなぁ・・・コガネムシ役の神谷明とか日本語版の声優もいいですよね
    VHSでは見たことが無いので画質の差はわかりませんが片面一層のDVDとしては十分高画質だと思います。字幕も英日ともに収録されてますし。
    • URL
    • 2011/09/20 00:44

    森田

    ありがとうございます(*^^*)
    ゲオで見付けたので借りに行きます!
    サンベリーナの顔がどうもアナスタシアとかぶるんですよね(笑)
    キャラは断然サンベリーナの方が可愛い☆

    BOOK・OFFでリトルフットの小学生が読みそうな本(映画の挿し絵付き)が105円で売ってましたよ(^^)/
    • URL
    • 2011/09/20 01:06

    まさ

    アナスタシアはサンベリーナより90年代のディズニーっぽい絵柄になってドンブルースらしさは薄くなってますね。でも私はアナスタシアも好きですよ。

    リトルフットの絵本ですか?ネットでは見かけるんですけど実物は見たことないです。最近バイトで関東各地に行ってるのでそのついでにブックオフも巡ってみます。
    • URL
    • 2011/09/20 01:11

    森田

    確かにアナスタシアはドン・ブルースらしさが薄いアニメですね。
    CGに頼り過ぎ?
    たまに観てて色合いがどぎついなって感じる時があります。

    結構どっしりした本でしたよ。
    タイトルはリトルフットの大冒険 謎の恐竜大陸です。
    BOOK・OFFっておもしろいですね♪
    近くにないのが残念…
    • URL
    • 2011/09/20 01:40

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    プロフィール

    MASA

    Author:MASA
    ディズニーなどの海外アニメが好き。特にバルトが大好き。本当に犬しか見てないわけではないけど動物キャラが好き

    Link

    v65oai7fxn47qv9nectx_normal.png

    アクセスカウンター

    広告

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。