バルトの誤訳 : アニメで犬ばかり見てるアニメで犬ばかり見てる

    スポンサーサイト

    • --/--/--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    バルトの誤訳

    • 2011/06/30
    日本語版バルトの翻訳家を誰かご存知でしょうか。
    洋画好きなら誰もが知っている有名翻訳家「戸田奈津子」さんです!またの名をなっち。
    それはもう翻訳家という地味な職業柄でありながら超有名な方です。
    ただし超有名なのは誤訳の多さゆえ、ググれば誤訳例が山ほど出てきます。
    そしてバルトでも字幕翻訳を担当しており、やはり誤訳はあったみたいです。

    意訳などで意味が省略されることは十分に理解しているのですが、昔からどうしても気になる訳があります。

    「飛行機は吹雪で着陸不能」

    2011y06m30d_191327604.jpg

    ワクチンを積んだ飛行機が離陸を諦めるシーン、"Planes grounded until storm clears."は直訳すると「嵐が過ぎるまで飛行機は飛行不能」
    しかし、このシーンの吹き替え訳は「飛行機は吹雪で着陸不能」。航空用語である他動詞のgroundは「離陸・飛行不可」という意味ですし、映ってる場面が離陸を諦める飛行機なこともあって「着陸?」と疑問に思った人は結構いるみたいです。ちなみに着陸はlandingであり、groundと少し意味の似た単語であることから翻訳者はgroundをlandingと誤解したのかもしれません。


    ただ一つ、自信を持ってこれを誤訳と言えなかったのは「字幕も吹き替えも同じ訳になっている」という点。

    この映画の翻訳は吹き替えを古田由紀子という人が担当し、字幕翻訳を戸田奈津子が担当しています。翻訳者が違うのに同じ間違いが重なると考え難く「やっぱこれで合ってるのかなぁ…」と思ってしまうわけです。または2人の翻訳者が訳を共有してたのでしょうか?

    とりあえず先日その道に詳しい人に聞いたところによると「誤訳」で間違いないそうです。でも彼女の誤訳にはもっと酷いものがたくさんあるので、バルトのこれはまだどうでもいいレベルでしょう。

    ただほかにもいくつかあるんですけどね・・・
    関連記事

    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://baltomutt.blog59.fc2.com/tb.php/118-49b05559

    Comment

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    プロフィール

    MASA

    Author:MASA
    ディズニーなどの海外アニメが好き。特にバルトが大好き。本当に犬しか見てないわけではないけど動物キャラが好き

    Link

    v65oai7fxn47qv9nectx_normal.png

    アクセスカウンター

    広告

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。