天使のわんちゃんについて : アニメで犬ばかり見てるアニメで犬ばかり見てる

    スポンサーサイト

    • --/--/--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    天使のわんちゃんについて

    • 2011/06/25
    ネタバレあり
    2011y06m25d_142038880.jpg

    天使のわんちゃん/チャーリーとイッチー
    原題:All Dogs go to Heaven 2



    何故か1996年に突然作られた天国から来たわんちゃんの続編。ドン・ブルースは関わっておらず制作会社にも共通点が無いなどほとんど別物な映画です。

    好きではあるものの、典型的ガッカリ続編・・・
     



    ストーリー

    天国で暮らすシェパードのチャーリーは、いつも思っていました。
    「あ~あ、地上に帰りたいな」。
    そんなある日、天使さまガブリエルの大切な角笛がぬすまれてしまいました。
    「チャンス!」――
    チャーリーは角笛を取り返すために、地上へ降りることになったのです。さぁ果たして、チャーリーは、天国を救えるのでしょうか?ハラハラドキドキの冒険が今はじまります!!

    (VHS裏のあらすじから引用)


    珍しくあらすじが無難に合ってる・・・?
    もう少し詳しく書くと、イッチーが死んだことによってチャーリーと天国で再会。イッチーは天国を気に入るがチャーリーは刺激の無い天国での暮らしに飽き飽きしていた。一方前作の悪役であったカーフィスは表向け良い天使になっていたが、実際はガブリエルのラッパを盗み下界で悪事を働く計画を密かに立てていた。その盗まれたラッパを取り戻すのにチャーリーとイッチーが抜擢されるが、チャーリーは久々の下界に夢中でラッパのことはお構いなし。そのせいで事態は複雑に悪化していく・・・


    キャラクター


    チャーリー

    2011y06m25d_161716346.jpg
    主人公であるチャーリー。声優がバート・レイノルズからチャーリー・シーンに変わって少し軽い感じが増しデザインも簡略化されました。左が1作目で右が2作目。
    そして1作目からの性格の変わり様がひどいもの。女に目が眩んで仕事を後回しにし、私用で敵にラッパを渡して天国を滅亡の危機に陥れ最後までイッチーをこき使い続けた。
    天国で頭が腐ってクズに成り果てたんでしょうか?

    イッチー

    2011y06m25d_175718549.jpg
    イッチーだけはあまり変わらない。
    良識があってチャーリーに振り回されて、声優もドン・デルイーズのまま。

    カーフェイス

    前作の極悪さはどこへ行ってしまったのか・・・2ではもはやギャグ要素の小悪党。
    カジノのボスから悪魔の子分に成り果て、声までどこか弱々しい感じに。

    サーシャ

    このガッカリ続編唯一の良心である新キャラ。良識があり超美人で歌が上手いアイリッシュセッター犬。デイビッドという家出少年をかくまっていた。チャーリーの奇跡を利用することで人の言葉が話せるようになる。

    デイビッド

    サーシャと暮らしていた手品が得意な家出少年。


    作画の質

    私は作画厨ではありませんが、このアニメは一応映画です。しかし映画でありながら作画の質が非常に低い。理由は低予算であることと製作スタジオの問題。
    この映画は「ケアベア」や「アニマニアックス」といったアメリカのTVシリーズの製作を行っていたWang Film Productionsによって作画されました。スタジオは台湾にあります。この会社の作ったアニメを観たことある人ならわかると思うんですが、予算がかかっていればTVシリーズとしても作画品質はそんな悪くないんです・・・でもTV向けなんですね。でもこれは映画、映画なのに下請けに作画させたわけです。しかも1作目の映画が非常に高品質だったことによるギャップでどうしても汚く見えてしまいます。

    でも私は2のキャラデザも好きなので一概に酷いとも言えません。あくまで個人的に。



    音楽

    1作目同様この映画もミュージカル構成になっています。全体的に曲調は違いますし、好みの差はありますが私は2の音楽が好きです。海外でもこのアニメの歌に対する評価は結構高いようで、特にI Will Always Be With You ( I Will Always Love Youじゃないよ) は挿入歌にもエンディングにも使われていて人気が高い。
    ちなみに1作目と違って日本語吹き替え版では歌も全て吹き替えされてます。


    ストーリーの矛盾など

    この映画は時代考察がめちゃくちゃなことになってます。
    まず1作目の舞台が1939年だったのに、今作の舞台であるサンフランシスコは1990年代。イッチーの死を1940年代と見積もっても下界に降りたとき半世紀近くタイムスリップしてます。天国と下界は時間の流れが違う・・・?でもそれなら昇天した犬が天国に入れなくて渋滞が起きてるというのはありえないし・・・
    というか、生き返ったんだからアン・マリーに会いに行けよ!
    ほかにも何が起きてるのかさっぱり不明な戦闘シーンや、散々迷惑かけたはずのアナベルにチャーリーが何故か賞賛されたりなど、展開として妙なとこがいくつかあります。



    実は去年まで日本語吹き替え版があるのを知りませんでした。
    一作目の題名からして続編の題名は天国から来たわんちゃん2だと思っていたのに実際は天使のわんちゃんに改名されていたなんてね。しかも著名な作品じゃないからネットにも情報が全然載ってなかったのも理由の一つ。

    本来ならVHS粉砕レベルのガッカリ続編なんですが、サーシャがいたり犬のデザイン結構かわいかったり音楽は良かったりで駄作とは言えない。ドンブルースファンからしたら論外でしょうけど自分の中ではそんな嫌いでもない続編。ただ客観的に見ればガッカリ続編に変わりは無いんでしょう。
    関連記事

    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://baltomutt.blog59.fc2.com/tb.php/116-1c4c3aaf

    Comment

    森田

    懐かしいです。
    このVHSは持ってなくて最後に観たのは小学生の頃です。
    話の内容はさておき私も音楽は良いと思いました☆
    アン・マリーのその後が気になります…
    あと何年か前にTVKでテレビシリーズのクリスマスの話をちらっと観た事があります。
    • URL
    • 2011/06/25 19:27
    • Edit

    まさ

    この映画はディズニーチャンネルで放送されたためVHSよりも高画質な映像を録画できました。
    音楽は吹き替え版も結構良くて気に入ってます。

    > あと何年か前にTVKでテレビシリーズのクリスマスの話をちらっと観た事があります。
    わんちゃんたちのクリスマスキャロルですね?
    そっちはメディア化されていないらしくて公式の日本語版を観たことがないんですが、日本語吹き替えだったか字幕版のどちらだったでしょうか?
    • URL
    • 2011/06/25 19:43

    森田

    ディズニーチャンネルはディズニーでないアニメ映画も観れるから嬉しいですね♪
    私もよく覚えてないのですが、わんちゃんたちのクリスマスキャロルは字幕で放送されていたと思います☆
    • URL
    • 2011/06/25 20:10
    • Edit

    まさ

    ありがとうございます!やっぱり字幕でしたか
    クリスマスキャロルはどこでやるのか検討も付かないんで自分で全部翻訳したんですが公式の訳がどんなものだったのかは今でも気になってます。
    • URL
    • 2011/06/25 20:18

    森田

    すごいですね!
    自分で翻訳ができるなんて素晴らしい☆

    マイナーなアニメなのでもしかしたら訳も手抜きっていうのも有り得ますよね…
    • URL
    • 2011/06/25 20:45
    • Edit

    まさ

    訳したといっても結構初期のことなんで誤字誤訳とか色々雑です。
    いつか修正したいと思いつつも需要は無いんで放置してあります。
    それより私としても別の作品の新しい訳のほうが知りたいですしね
    • URL
    • 2011/06/25 21:05

    すったか

    子供の頃に父がWOWOWでこの映画をビデオにとってくれて、それを何度も何度も見た記憶があります。

    当時は2とも知らなかったし、ものすごくおもしろかった印象があったんですが、今見たら脚本と背景がとてもひどいですね笑

    しかしホント音楽いいですよね。あとサーシャがかわいいです。

    いずれにしても思いで深い作品なので、他の方の感想をみれてよかったです!
    • URL
    • 2011/11/20 22:29

    まさ

    >すったかさん
    映画としてはどうしても荒が目立ってしまいますがキャラクターや音楽などに光るところがありますよね。それをわかってくれている方を知ることができて私も嬉しいです。
    コメントありがとうございました。
    • URL
    • 2011/11/21 20:19
    • Edit

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    プロフィール

    MASA

    Author:MASA
    ディズニーなどの海外アニメが好き。特にバルトが大好き。本当に犬しか見てないわけではないけど動物キャラが好き

    Link

    v65oai7fxn47qv9nectx_normal.png

    アクセスカウンター

    広告

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。