感銘を受けた文 : アニメで犬ばかり見てるアニメで犬ばかり見てる

    感銘を受けた文

    • 2011/06/20
    ちょーっとここ数日何も書いてなかったけどその理由はまた別の日に。

    日常関係はブログに書かず趣味のことだけ書いているわけですが、
    この前絵スレを見ていたら見つけたこの文にちょっと感銘を受けたんで引用。


    絵が上手くならない人について


    説明してやるとだな。
    幼少の頃から絵を描いているわけではない
    つまり上手い奴の絵をネットで見て「俺も描きたい」と感じて練習を始めたような奴は
    絵を描く過程に面白さを感じたのではなく、絵を完成させた結果にのみ心惹かれているのだ。
    描く事自体に興味は無い。
    だから地味で退屈な練習は長続きしない。
    上達する奴は描く事自体が好きなのだ。
    好きこそ物の上手なれ。
    勉強だって知的好奇心のある者は知る事の楽しみを知っている故にどんどん賢くなる。
    そして知的好奇心の無いものにとっては勉強なぞ何一つ楽しく感じられない。

    したがって知識の定着率は比較的低いと言える。

    上手い絵を完成させたい。
    でも絵を描くのは好きじゃない。
    苦痛をこらえて頑張って練習する。
    なかなか上手くならない。
    俺には才能が無いんだ、やーめた。

    こういった思考プロセスを辿るのはいわば必然と言っても過言ではあるまい。



    私は絵を描く時いつも楽しさを感じてますし、物心付いたときから絵は楽しく描いていました。(ちゃんと描き始めたのは4年前からですけど)
    だから絵に関しては別に啓発される文ではないんですが
    気付かされたのは中央太字部分
    「勉強だって知的好奇心で賢くなる」
    という文です。

    私は今に至るまで勉強が大嫌いでもうずっと嫌々勉強し続けてます。
    「点数が~」とか「学歴が~」ってのが超重要なのはよくわかっているんですが、
    どうしても好きじゃない物は好きになれませんでした。
    というより勉強が好きになる感覚がよくわかりませんでした。

    しかし、この文を見て気付いたのは絵を楽しむ感覚と勉強を楽しむ感覚を当てはめているという点。
    絵を描いていて上手く描けたときは嬉しいしその後の向上に結びつき、
    描けなかった時はどう描けばいいのか自分で勉強する機会に結びつきます。

    そして私の場合これを勉強に当てはめるとどうなのかというと
    良い点が採れても「簡単だったしね」とか「得意科目だしね」
    悪い点を採っても「どうせ勉強嫌いだし」とか「どうせわかんないし」
    と、自分の向上を考えないことばかり

    わからないとき「なぜだろう?」という言葉がよく使われますが、私はなぜだろうなんて思わず
    「答え教えろ」
    これじゃ向上するわけないです。
    上手い絵描けないから「誰か代わりに描け」って言ってるようなもんですから。
    そして絵をトレスするかのように答えは丸暗記。

    私は勉強で絵を描くときのような向上心を怠っていました。
    他の人は勉強で向上心も一緒に感じていたのでしょう。

    絵下手な私が言っても説得力もなにも無いんですけど、
    自分自身の勉強方法がちょっとわかったような気がします。
    私が気付くのには遅すぎた気もしますが・・・




    ついでに更新速度について
    日常関係はブログに書かずtwitterだけでやってるんで、溜まってるネタが尽き次第いつか更新はゆっくりになるでしょう。まあ時事ネタでもなくマイナーネタなんで頻繁な更新は別に必要じゃないんですけどね。
    関連記事

    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://baltomutt.blog59.fc2.com/tb.php/110-e7684041

    Comment

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    プロフィール

    MASA

    Author:MASA
    ディズニーなどの海外アニメが好き。特にバルトが大好き。本当に犬しか見てないわけではないけど動物キャラが好き

    Link

    v65oai7fxn47qv9nectx_normal.png

    アクセスカウンター

    広告

    検索フォーム