アニメで犬ばかり見てる | 2013年02月

    普通のバレンタイン絵描くはずが

    • 2013/02/20
    というかバレンタインデーとっくに過ぎてるけど

    PC版エースコンバット アサルト・ホライゾンがタダになった

    • 2013/02/16
    Ace Combat_AH_2013_0130_002021_64s7

    今日エースコンバットアサルトホライゾンを購入したスチームからこんなメールが届きました。

    Hello,

    A staff member has replied to your question:

    平素は、Steamをご利用いただき誠にありがとうございます。

    お客様よりご購入いただきました、Ace Combat Assault Horizonにつきまして、
    お知らせがございます。

    本タイトルは本来、お住まいの国からはご購入いただけないはずでしたが、
    弊社がデータベースに誤った設定を行ったため、短期間のみ日本からのご購入が可能となっておりました。

    誠に勝手ながら、このご購入をご利用いただきましたお支払い方法に返金いたしましたことをご連絡いたします。

    返金処理は行いましたが、ゲームが登録されていたアカウントのライブラリに
    そのままゲームのサブスクリプションは残してありますので、引き続きお楽しみくださいませ。

    ご不明点等ございましたら、ご遠慮なくSteam サポートにお問い合わせくださいませ。

    今後もSteam をよろしくお願い致します。



    つまりタダ…?
    Steamからゲーム買ったのは初めてですけど他の人もこんなことは初めてって言ってました。

    しかも口座を見るとただ返金されただけじゃなかったようです。

    1月28日当時、$34.99は日本円で3,245円でした。
    しかし2月11日には円高によってこれが3,358円になっています。
    つまり113円多く貰ったことになります。

    なんとタダより安い買い物になりました。

    ゲームを削除するどころか返金までしてそのままプレイできるし、コンシューマのDLCは全部入ってるし…PC版はなんて恵まれてるんでしょう。

    でもこれから日本人がACAHを買えなくなる可能性が高そうです。そうなるとオンライン対戦で日本人の相手が少なくなるのはちょっと寂しい。

    現在ACAHをやってる友達が1人しかいないので、もし対戦してくれる人がいたらWindows Liveのmasak9宛てにフレンド登録してくれると嬉しいです。

    マイリトルポニーがスピンオフで公式擬人化へ

    • 2013/02/13
    以前ハズブロがマイリトルポニーのTV映画を計画していて、エクエストリアガールズという商標がハズブロにより登録されていたため、これが映画に関係しているのではないかという噂がありましたね。
    http://www.equestriadaily.com/2013/02/possible-equestria-girls-movie-on-way.html

    これについては確定してから記事を書こうと思ってたんですが、先日Tumblrにてこれに対する出展不明の画像が出て来ました。

    tumblr_mhzrcknfpD1rm3kdfo1_1280.jpg

    この記事によると、この画像はマイリトルポニーのTV映画のコンセプトアートであるとのこと。
    しかしあまりにも突然だったため信じていた人はほとんどいませんでした。私も99.99%の確立でフェイクだと思ってましたし…

    しかし、ニュルンベルク・トイフェア2013で配布された資料にこれを裏づける情報が入っていたそうです。

    一次ソースはこのTumblr。
    http://blog.zammap.com/post/42954961474/serious-business-guys-look-what-i-found-inside

    tumblr_mi4r2gvQEh1r257fdo1_500.jpg

    この記事によればEquestria GirlsはMLP:FiMのスピンオフで、ポニーは人間化されている。春から放送開始。

    これが信頼できるソースだと考えれば、TV映画とはまた別の物と考えられます。
    さらにスピンオフですからFriendship is Magicとは別の物として販売するつもりでしょう。

    しかし一番上のコンセプトアートとスピンオフの関係は未確定です。

    こういうスピンオフでキャラクターを大きく変更するのはカートゥーンだとワーナー系に多かったと思います。
    例えばルーニーテューンズが「ベビールーニーテューンズ」や「タイニートゥーンズ」といったスピンオフをガンガン作ってたようなものですね。

    マイリトルポニーもG1,G4と世代が変わってきたように、これも新たな世代向け展開なのかもしれません。だとすると、このEquestria GirlsはG4.5に当たるんでしょうか?G3.5みたいなことになる気がするのですが…

    一応、「ポニー」の名を持っていない以上はマイリトルポニーの代わりにはなり得ないので、MLP:FiMが終わるということは無いはずです。

    もし公式人間化なんてことするなら、それは日本で展開するブシロードだと思ってたのにハズブロがやるとは…もしブシロードがミルキィ関連で公式人間化を考えていたとしたら、これはとんだ番狂わせになりそうです。

    とりあえず…うん…楽しみですね。

    ここ見てる人達のなかには人間化好きな人もいるだろうからここではいいたくないけど、これは想定していたなかで最悪の展開。海外のブロニーもシーズン3最終話のトワイライトアリコーン化も含めてこれには超絶発狂状態で御通夜状態。ブロニーはパワーパフガールズZみたいな原型を変えるリメイクが嫌いなタイプのディープなオタク達。さらに動物原型主義のケモナー達からすればポニーの人間化は論外。

    でも見かたを変えれば、ハズブロはブロニーの人気より一般人への新たな展開を重視しているということでしょう。


    あとこういうのを日本では一般的に「擬人化」って言ってるのでタイトルは擬人化にしてますけど、正しくは「人間化」だと考えてます。

    バルトキャラのコスプレ

    • 2013/02/12

    dAでバルトのジェナのコスプレ写真を上げてる人がいました。
    18年前のマイナーなアニメでコスプレしてくれるなんて珍しいですね。

    動物付け耳系のコスプレは日本の影響が強いと思うので、こういうイマドキなバルトのコスプレは初めて見ました。

    原型派の私からすれば着ぐるみのほうが好きですけど、こういうコスプレも嫌いではないです。それに被写体もシチュエーションもカメラもめちゃくちゃレベル高い!

    バルトのコスプレで一番記憶にあるのは1997年のConFurence 8で出てきたバルトとジェナとスティールの着ぐるみです。

    バルトの着ぐるみは今もどこかに眠ってるのか…



    バルトのジェナの子犬達の中にスティールっぽい子犬が…というちょっと大人向けな劇です。さすがFurries。

    今となってはプレミア付いてるぬいぐるみを山ほど持ってますね。当時は3000円くらいでした。

    もしバルトがディズニーアニメだったら公式に着ぐるみ登場したでしょうね。というかユニバーサルスタジオもやる気あればありえたんですけどね!今じゃもう誰こいつって言われるのがオチですもん。

    Fighting is Magicがハズブロの要請で開発中止に

    • 2013/02/09
    fighting-is-magic.png

    いくつかあるマイリトルポニーの同人ゲームの中でも長いこと開発が続いているMy Little Pony : Fighting is Magicのことは日本のブロニーの方々もよくご存知だと思います。

    そのFighting is Magicがハズブロの要請で開発中止になりました。

    Not all wonder is endless
    http://www.mane6.com/2013/02/not-all-wonder-is-endless.html


    ハズブロ法務部よりゲーム開発の中止と、私達がwebサイトやYoutubeおよびtwitchにおいて使用しているMy Little Ponyのキャラクター、名称、他ハズブロ管理下にあるあらゆるマイリトルポニー関連の物の使用停止を求めるC&D(cease and desist:排除要請)メールを受け取りました。

    私達は非営利目的での使用許可を求めましたが今のところ返答はありません。よって法務部から返答があるまで排除要請に従います。

    また開発チームのJames Workman (Elosande)が2013年2月6日付けで辞任したことについてお知らせするとともに、2012年1月30日にProminenceが一身上の都合で辞任したのを改めてお知らせします。これによりMane6開発チームと彼らとの関係は消滅しました。

    進展があればお知らせしますが、デリケートな状況なため質問には応じかねます。
    今まで応援していただきありがとうございました。


    恐らく原因はアメリカ最大級の格闘ゲーム大会「EVO」において8種目目のメイン種目候補になったことです。

    この候補選びは一般からの乳がん寄付金額を投票数として8種目目のゲームを選定するというもの。投票開始直後はFighting is Magicが$5000でトップにいました。

    Support Breast Cancer Research (MLP for EVO 2013)
    https://www.wepay.com/donations/evo2013-mlp


    結局はスマブラDXなどが額を伸ばしてFighting is Magicを追い抜きましたがFighting is Magicは様々なジャンルの人々から注目を集める結果になりました。

    EVO 2013 寄付投票の途中経過(更新終了しました)
    http://www18.atpages.jp/vf12360/checker/evo_2013_vote.php


    しかし版権を侵害している同人ゲームが正式なゲームのイベントの場に現れるとハズブロも目をつぶってはいられないでしょう。Fighting is Magic自体は非営利ですが、この投票では寄付金という名で利益を上げた機関も出てきたことになります。(イベントそのものは非公式だと理解してます)

    また、ハズブロはマイリトルポニーのゲーム化に関しても精力的に取り組んでおり、同人ゲームが競合すれば損害を与える可能性もあります。ハズブロはマイリトルポニーの版権を企業に販売することで利益を上げることができるわけですから、非営利にしても無償で版権を利用するのはパロディの枠を越えているといっても過言ではありません。

    さらにハズブロが同人ゲーム開発を中止させたのは今回が初めてではなく、以前にも同人オンラインゲームのLegends of Equestriaが停止させたり、itunes storeで販売されていたアップルジャックのゲームのキャラを変えさせたり、同人ぬいぐるみのコミッションを停止させられるなどの処置がなされてきたため決して予想外の展開というわけではありません。

    さっそくFighting is Magicの開発継続を求める署名も始まっています。しかし成果は得られないでしょう。

    My Little Pony Friendship is magic原作者のローレンファウストもハズブロの意向に同意しつつもゲーム製作者には同情しています。

    2013y02m09d_180444157.jpg

    「お気持ちは察しますがハズブロは正当でしょう。
    多くの仕事をしてきた開発者の方々を大変気の毒に思います…。」



    2013y02m09d_200548733.jpg


    おまけに「ゲーム用に新キャラをデザインしようか?」なんてことも言ってます。
    実現すればいいですけど、そうなるとゲームのモーションを一から作り直しですね…

    日本でも似たような事例はあります。逆転裁判の同人ゲームとして2003年11月に発売された「逆車云裁半リ」というゲームが版権元から配信停止されたことがありました。



    これも非常にクオリティの高いゲームで、当時ケモナーの方々からは配信停止を悔やむ声が多く出ましたが結局配信停止が覆ることはありませんでした。

    大抵の同人ゲームなどの二次創作は暗黙の了解で成り立っているもので、質や知名度の上昇と共に版権側の見て見ぬフリは限界が訪れるでしょう。

    ほかの同人ゲームへの影響も大きそうです。

    Pagination

    Utility

    プロフィール

    MASA

    Author:MASA
    ディズニーなどの海外アニメが好き。特にバルトが大好き。本当に犬しか見てないわけではないけど動物キャラが好き

    Link

    v65oai7fxn47qv9nectx_normal.png

    アクセスカウンター

    広告

    検索フォーム