アニメで犬ばかり見てる | 2012年11月

    第2回 マイリトルポニー人気投票(終了)

    • 2012/11/16
    ※この記事は投票終了の11月22日まで先頭に表示されます




    投票は一人一回までです

    サブキャラ用投票は続きからどうぞ

    ポニーの人気投票を行います

    • 2012/11/15
    シーズン3が始まった記念に再び人気投票を行いたいと思います。

    7ヶ月前に行った投票では303の票が集まりました。
    今回はどのような結果になるでしょうか。

    今回は前回と違い、MANE6とサブキャラの投票を別にしました。これでMANE6に集中した投票が可能になったと思います。

    サブキャラ投票は前回の投票で選択肢に追加されたキャラを使用し、この中にいない場合は自由に追加していただくことができます。

    MANE6用投票ページ
    http://vote1.fc2.com/poll?mode=browse&uid=10093586&no=3


    サブキャラ用投票ページ
    http://vote1.fc2.com/poll?mode=browse&uid=10093586&no=4

    マイリトルポニー53話・54話の日本語字幕

    • 2012/11/15
    シーズン3 第1話・第2話 最初の話で2本立て。


    以下シーズン3 第1話・第2話「The Crystal Empire」解説とネタバレ

    Littlest Pet Shop放送開始

    • 2012/11/13
    トワイライトの犬化じゃありません。Littlest Pet ShopのZoeちゃんです。ホクロ描き忘れたけどまあいいや。

    z0e.jpg


    アメリカのhubで11月10日からマイリトルポニーのシーズン3が始まりましたね。
    でもあの日始まったのはポニーだけではありません。

    そう“Littlest Pet Shop”が始まりました。
    と言っても知ってるひとはあまりいないと思います。

    リトレストペットショップはマイリトルポニー同様にハズブロが版権を持つおもちゃのシリーズです。そしてその新作アニメシリーズがマイリトルポニーと同じhubで放送されています。

    もともとLPSの存在はあらかた知っていましたけど、新シリーズは放送が始まる1ヶ月前にこのクリップを見て知りました。



    そして上の絵の“Zoe Trent”(ゾーイ・トレント)にやられました。この娘めちゃくちゃかわいいじゃないですか!

    見た目が完全にトワイライトの犬版。でも中身はラリティみたいなおしゃれ好きキャラです。

    マイリトルポニーのシーズン3の次の番組がこれなので本編も視聴。そしたらストーリーもなかなか良いものでした。

    あらすじ

    郊外から大都会のダウンタウンシティに引っ越した主人公のブライス。新居の一階はリトレストペットショップという店になっており、彼女の部屋とペットショップはシュート(ゴミ捨て用のカゴ)で繋がっていた。

    ブライスはその穴から一階に落下してしまい、ペット達がいる部屋に潜り込んでしまう。するとどういうわけかブライスは動物と言葉が通じるようになっていた。

    ペット達が言うには、リトレストペットショップは存亡の危機にあるらしい。

    ブライスはペット達とペットショップの人気を取り戻すための活動を始める。



    キャラに似合わずはちゃめちゃなギャグが多く、主人公の父親は1話からGTA級の危険運転を見せてくれます。ペット達のちょっと抜けた会話も面白くて「飼育環境の悪い大手ショップでは、音が鳴るおもちゃが鳴らないんだ!」のくだりは笑えます。

    このアニメは動物と人間が普通は話せない世界観なんですね。カートゥーンは人間と動物が話すときは平然と話すのでちょっと珍しく思いました。

    クレジットを見るとやはりマイリトルポニーと同じdhx media制作。恐らく作画スタジオも同じ場所でMLPで培った技術を再利用しているんでしょう。

    hubアニメらしくMLPと声優の共通点も多く、主人公のブライスはレインボーダッシュと同じだし、さらに音楽もマイリトルポニーと同じダニエル・イングラム。質の良さも納得です。

    カナダの制作者は新しく集められてるようですが、アジアの下請け作画スタジオはMLPの担当者がこちらに異動してそうです。もしかしてMLPのシーズン3が短かった理由の1つでしょうか?

    ちなみにオープニング曲は昔からあるLPSのテーマソングです。これが前シリーズのアニメのオープニングになってました。曲調は同じですけどアニメ向けに歌詞を変えたみたいです。



    ハズブロがおもちゃで成功してるのはMLPより、Littlest Pet Shopのほうです。

    以前アメリカに住んでる人に話しを聞いたときも、「うちの方ではマイリトルポニーよりLPSのほうが子供に人気がある」と言われたことがあります。

    LPSも一応昔からあるおもちゃみたいですけど、ビンテージ人気が高いマイリトルポニーとは対照的に2005年以前の古いタイプより今のリメイク版のほうが人気があるようです。

    その知名度と現行の人気にこのアニメが乗ればヒットする可能性は高いと思います。逆に従来のファンがリメイクに乗らなかったとした、MLPのようにおもちゃとアニメでファンが二分されるかもしれません。

    正直言ってLPSのおもちゃは潰れた饅頭みたいなデザインなのでこのアニメ以前のものには期待してなかったんですが…久しぶりに最近のアニメの犬が好きになれそうです。hubがこんないい犬アニメを始めてくれるなんて!


    パウンドパピーは… うん…

    アメリカの都市感に見るポニービル

    • 2012/11/10
    ゲームロフトが先日公開したマイリトルポニーの公式ゲームの日本語訳は現時点で良い指標になりそうです。しかしポニービルが「村」となっていました。以前から“Ponyville”に関係した表記のゆれがあるので、それについてはっきりしておこうと思います。

    ポニービルは村と言えるか

    IMG_1975.jpg

    先日配信されたゲームロフトのMLPゲームでは“Mayor”「村長」と翻訳しています。そしてポニービルそのものも村として扱っているようです。しかし、建物を見ると「市役所」というものがあり、ここで矛盾が生じています。

    Mayorは「ひとまとまりの地区のリーダー」という意味なので、統治する場所が村なら村長とも。町なら町長とも言えます。ではポニービルは村と町、どちらでしょうか。

    town_hall.jpg

    「市役所」は英語版で“Town Hall”と書いてあるので市役所の方は間違いありません。もしポニービルが村ならVillage Hallと呼ばれるはずです。

    日本語の都市感をそのままアメリカの都市感に当てはめるのは最良とは言えませんが、村はVillage、町はTown、市はCityと言えます。

    そしてMayorさんやほかのキャラクター自身がポニービルのことを「タウン」と呼んでいることから、村を宣言していないのは明らかです。(1話の10分16秒など)


    次に、誤解されがちですがPonyvilleの“ville”は村を意味しません。

    villeというのはフランス語のVillageから派生した接尾詞で、Villegeは英語同様に村を意味しています。英語に継承されたvillageも村を意味しますが、villeは「都市・~の地」という意味に変化しており、英語でもvilleは村に限定した接尾詞ではありません。

    実際テネシー州のNashvilleは州都なので大都市です。

    日本においては人口によって市町村を定めており、この村を行政村と言います。しかしアメリカ連邦議会の定める区画に村という規格は存在しません。アメリカの都市規格は州ごとに異なり、人口で明確に定めている州もあればどんな小さな集落も町以上と扱うため村が存在しない州もあります。

    そもそもアメリカの都市は日本のように接尾詞の記述が明確ではなく、都市の名前に必ずしもCityやTownと書かれていません。

    例えば「アレンタウンは大きな町なので、名前に反してシティに分類されます。

    このアニメはフィクションなので、アメリカの法律に則ってポニービルのスケールを決めるのは不正確です。そのため、製作者であるアメリカ人の都市感をよく知り、日本式に直すことが最も適当だと思います。

    以上からポニービルは村ではなく町と呼ばれているべきです。

    Mayorさんを何と呼ぶべきか


    ポニービルが町ならMayorは市長または町長と訳されます。

    57.jpg

    しかし最近公開されたトレーディングカードでMayorさんのフルネームは“Mayor Mare”となっていることがわかりました。そうなるとメイヤーが名前として扱われるようなので、肩書きを訳さず「メイヤーさん」と呼ぶのが無難だと思います。

    ちなみにMareは雌馬と言う意味です。全部訳すと「雌馬市長」になることを思うと、ゲームのメア村長という名前も悪くないですね。

    「ポニービル」か「ポニーヴィル」か


    一応英語のvilleという地名の音声転写には既存のルールがあります。

    アメリカの都市でvilleと付く地名は「ビル」と表記することが地図で標準化されており、アメリカの地名でvilleをヴィルと書くことはあまりありません。これは「ヴ」という表記が一般化する前にアメリカの地名転写が行われた名残でもあります。

    とはいえこのMLPはフィクションですから、アメリカのアニメとはいえ日本の地図表記に必ずしも従う必要はありません。それに地図以外ならヴィルという表記も見られるため厳密なものではありません。

    文部科学省が定める“外来語の表記”の第2表、“v”の発音に注目してみましょう。

    「ある程度外国語に近く書き表す必要のある語――特に地名・人名の場合――は,第2表に示す仮名を用いて書き表すことができる。」

    Ponyvilleは地名と言えるので、ポニーヴィルという表記は可能です。

    ただ、留意事項その1-3にあるように「分野によって異なる慣用が定まっている場合には,それぞれの慣用によって差し支えない。」とも記されています。

    上にも書いたように従来の米国地名に則った表記がポニービルになります。

    私は地理オタクとして何年もvilleをビルと書いてきたのでポニービルと書きますが、公式でアニメが日本に上陸したとき「ヴィル」になっていたとしたら、そちらに従いたいと思っています。



    私は英語の先生に「Blossomの発音は“ぶろっさむ”じゃない!ブラッスムだ!」と耳にたこが出来るほど言われました。

    英会話で発音はとても大事なことです。しかしカタカナ表記まで発音にこだわりすぎてしまうと、すでに日本語に取り入れられている単語が読み辛くなってしまいます。

    原音に近い表記が適切と判断される場合にはそれに従い、大衆で定着している表記があればそれにならう、という書き方がいいのではないかと思っています。

    Utility

    プロフィール

    MASA

    Author:MASA
    ディズニーなどの海外アニメが好き。特にバルトが大好き。本当に犬しか見てないわけではないけど動物キャラが好き

    Link

    v65oai7fxn47qv9nectx_normal.png

    アクセスカウンター

    広告

    検索フォーム