アニメで犬ばかり見てる | 2012年09月

    スポンサーサイト

    • --/--/--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    MSペイントでお絵かき

    • 2012/09/17
    saaaa.png


    Windowsに付属してるペイントでバルト描きました。パースが破綻してるのは私の未熟ゆえです。ペイントのせいではありません。

    描いてるとこ録画しました。



    10年以上前からパソコンで絵を描いてた人にとってはレイヤーとアルファチャンネルが無いお絵かきは慣れたものでしょう。私はマウス描き時代にこんな感じに描いてました。

    Windows7から付属している高性能なブラシは使用しませんでした。描いてから気付いたんですが、直線ツールはXP時代からあったんですね。使えばよかった。

    ペイントでキャラクター描く分にはそんなに不自由無いんですけど背景まで描くとなると…こういうアルファチャンネル無しのお絵かきは色彩感覚が露見します。私の色彩感覚がいかに腐ってるか思い知らされました。
    スポンサーサイト

    マイリトルポニーのキーチェーン

    • 2012/09/13
    rani2.jpg


    先日こんなかわいいレインボーダッシュのキーチェーン買いました。
    販売元は台湾のPokeBoxという同人グッズ販売サイトです。普段は同人グッズ買わない私も480円となると安くてつい買ってしまいました。

    アップルジャックもあったけど…レインボーの方が鮮やかだから見栄えが良くって。浮気じゃないよ。


    同人グッズついでに、先月コミケ行った時になうさんからアップルジャックのラミカいただきました。

    ramika.jpg

    決して強奪なんてしてません。くれると言った時、礼儀上遠慮してからお言葉に甘えました。(1回だけ)
    こんなかわいい天使を分けてくれるなんて、なんて良いブロニーなんだ…
    なうさんがこのラミカ買ってる時、サークルの人に凝視されたんですけど私のこと知ってたんでしょうか。

    そういえばこのブログにコミケのことまだ1度も書いてないな…

    最近はハズブロもブロニー向けグッズに力を入れてきているのでデザインが良くなってきていますが、それでも同人グッズの絵は魅力的。公式に公式という魅力はあっても、やっぱりデザインの良さは一番大事です。

    それが薄い本ならもっといい

    バルトの誤訳2

    • 2012/09/13
    前回の続きみたいなものです。

    バルトの翻訳者は有名な「戸田奈津子」さんです。
    聞いた話では戸田奈津子さんも最近は良い仕事をしているそうです。でもついこの前まではプロでありながらよく誤訳がありました。そしてバルトも例外ではありません。

    今回解説するのはこれ

    「生き物の気配だ 最初の頭文字は“S”だ」

    2012y09m03d_234100251.jpg

    タイトルは吹き替え訳です。このセリフを正しく訳すとこうなります。

    “I spy with my little eye something beginning with "S".”
    「僕が見ている“S”が頭文字のものは何でしょう」

    I spyというのはアメリカ人の子供がよくやる見ている物当てゲームです。マイリトルポニーのHearth's Warming Eveでも出てきました。

    つまり白熊達はスティール探しが退屈だからゲームで遊んでるわけです。
    ではマックが言うSで始まるものはなんでしょう?

    答えは“Snow”(雪)です。

    どこ見たって雪しかねーよ!

    というわけで答えは生き物じゃありません。日本語版だとわからないジョークでした。

    バルトの未公開シーン

    • 2012/09/12
    映画に製作途中の構成変更は付き物で、最終的にカットされる未使用シーンがよく発生します。ディズニーのようなアニメ映画でも未使用シーンはあり、DVDのボーナストラックとして収録されているのをご存知の方も多いと思います。

    バルトはそのような未使用シーンが公式から公開されたことはありませんが、流出した資料からその存在を確認することが出来ます。(AMBLIMATIONはバルトの公開直後に潰れたため守秘義務が失われていた)

    その中でも最も興味深いのは「ロージーの手袋」です。これは複数の資料に登場し、製作のかなり後まで残っていたシーンだと思われます。

    映画内の時間では恐らく犬ぞりレースの後で、スティールにバカにされるシーンの一部だと思います。


    Balto_Model_0007s.jpg $(KGrHqUOKooE32h!88bnBOE7C6)-nQ~~0_3 $(KGrHqIOKocE35ugKt0nBOE7FJU0mg~~0_3

    まずロージーが手袋を落とし、バルトはそれを拾う。
    しかし店の前にいたロージーの父親はバルトを泥棒と誤解。樽をぶん投げる。


    Balto_Model_0006s.jpg rough_sketch18.jpg

    樽がバルトのすぐそこを飛びぬける。


    cutsence u3.jpg

    u4.jpg u5.jpg

    ロージーの父親はホウキを持ってバルトを撃退しようとするが、ロージーがそれを制止する。(セル画は絵本に掲載されたもの)


    17151mca_20120912172758.jpg 17150mca.jpg

    rough_sketch9.jpg Rosie_0003.jpg

    バルトは落とした手袋を拾いに行き、ロージーの元に届ける。(映画で使用されていないロージーのキーフレームはこのシーンで使用されたもの?)

    完全には補間されていませんし、台本が無いのでおおまかな流れしかわかりませんがこのようなシーンがストーリーボードなどから確認できます。きっと父親からの不信感を強調するシーンだったのでしょう。



    $(KGrHqYOKpUE3t3O9(RuBOCSDLLy2!~~0_3 unseen3.jpg
    u1.jpg u2.jpg

    しかしこのシーンはさらに興味深い点があって、さらに古い世代のストーリーボードにはバルトが樽に吹っ飛ばされてる絵や、バケツに頭から突っ込んで父親にホウキでぶん殴られるシーンがあります。

    そして無視できないのがBARREL CORRECTIONS(樽の修正)という表記。
    これは樽に吹っ飛ばされるシーンの暴力性を憂慮し修正したという意味でしょうか。

    他にもいろんなストーリーボードを世代ごとに追うとスティールが関わっているものもあります。このことから予想すると、このシーンは製作段階の初期から試行錯誤が繰り返され動画の製作まで進んだものの、何らかの理由で完成直前にカットされたのでしょう。


    amblimation-1993.jpg 2011y07m07d_193207684.jpg

    また面白いことにロージーの父親の店が映ってます

    画像左はアンブリメーションスタジオの記録ビデオに写っていた店の背景画。右はバルト3。

    見た所ロージーの父は金物店で働いているようです。映画で店の絵はこの未公開シーン以外ありません。しかしバルト2・3ではこの店がなにげなく登場しています。

    つまり続編の製作者にはこの金物店の設定資料が渡されたようです。

    ストーリーボードはつぎはぎですが、もしかしたら公式がいつか語ってくれるかも知れません。ブルーレイ発売までは望みもあるはずです。

    1年前の絵を仕上げた

    • 2012/09/11
    WTC.jpg

    ちょうど1年前に描いて放置していた絵をお蔵入りもかわいそうなので仕上げました。
    とは言ってもざっと描き足しただけなのでのっぺりしてます。

    (以下個人的なWTCに対する思い)

    Pagination

    Utility

    プロフィール

    MASA

    Author:MASA
    ディズニーなどの海外アニメが好き。特にバルトが大好き。本当に犬しか見てないわけではないけど動物キャラが好き

    Link

    v65oai7fxn47qv9nectx_normal.png

    アクセスカウンター

    広告

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。