アニメで犬ばかり見てる海外アニメ : アニメで犬ばかり見てる

スポンサーサイト

  • --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルトのスチール写真 完全版

  • 2017/04/03
20170402-IMG_8382.jpg


先日「バルトの日本版スチール写真」の完全版を入手しました。

5年ほど前に入手したスチール写真は番号に抜けがある断片的なものです。

バルトのスチール写真
http://baltomutt.blog59.fc2.com/blog-entry-261.html


このとき入手したのは10枚。今回入手したのは35枚です。写真には番号が記載されており、1番から32番まですべて揃っていました。

とは言うものの、本当に全部揃ってると判断できる情報は無いので暫定的判断です。本当はもう1~2枚あるような気がします。

上の写真、中央に写ってるタイトル無しのポスターデザインのスチール写真にはAと記載されています。Aと書いてあるならBもあるのではないでしょうか。

20170402-IMG_8388.jpg

以前のバージョンと比較。

なぜか1枚目だけ数字が書いてなかったのですが以前入手したやつと比較することで1番と判明。

スチール写真は1種類だけじゃなかったようです。以前のやつは日本語が書かれてますが今回のは英語。写真の品質や描画範囲にも違いが。てっきり松竹が一括管理しているものかと思っていたのですが。もしかしたら今回入手したやつはユニバーサルスタジオ直属で配布された写真なんでしょうか。それかVHS発売時に作られたバージョンなのか。

英語と言ってもアメリカのとは違います。アメリカのスチール写真はこんなデザインでPress photoとかPress kitなどと呼ばれています。





スポンサーサイト

映画 ルドルフとイッパイアッテナの良い所悪い所

  • 2016/08/08
普段犬映画ばっか見てるけど、ルドルフとイッパイアッテナは小学生の頃読んだ好きな本なので柄にも無く猫映画を見に行った。



トレーラー見た通りストーリーは大体原作通り
…と言ったらネタバレになるのかな?

原作好きなのでこれは嬉しい。むしろもうちょっと現代チックにしても良かったと思う。

とりあえず良かった所を挙げるとすればキャラクターのかわいさが良く描けていた。
例えばルドルフの思い切ったデフォルメ。2頭身で頭の大きなデザインは犬派の自分でも関心した。

2016y08m08d_204406473.jpg


一番かわいかったのはスコティッシュフォールドの「ミーシャ」。オスばっかな話に必要な紅一点。
しかしセリフは全然無い。本来1作目に出て来ないキャラだからストーリーに組み込む余裕が無かったのか。

一方で野良猫のブサイクさが際立っており飼い猫のかわいさを引き立てている。
野良猫は汚い毛並みで飼い猫はツヤツヤ綺麗な毛並といった表現の使い分けもリアルで面白い。技術的に見てもB級動物アニメ映画の中では毛並みの表現も悪くなかった。メイキング番組を見たところではこの映画のためにソフトを独自開発したんだとか。

まあイッパイアッテナ以外の野良猫は喋りすらしないけど。


これだけでも映画館まで見に行った価値は感じられた。期待よりも楽しめた印象。

ただし、悪い点はたくさんある。(以下ネタバレあり)

2016年期待の犬アニメ

  • 2016/01/13
あけましておめでとうございます

今年年賀絵描いてないですね。申年だし。
猿とかいらなくない…やっぱり時代は犬ですよ。

というわけで、今年期待の犬アニメ映画をまとめてみました。

ズートピア



公開日:2016年4月23日

今年一番期待のディズニー動物モノ!
警官として出世したいウサギのジュディと、詐欺師のニック。どちらも可愛すぎてすでにハマってる。

ただこの予告編を見た限りだとジュディの声優が微妙だなぁ…本編で声が変わっていればいいけど。

野生動物を擬人化したアニメなので犬は出てこないようだけど、めっちゃかわいいオオカミキャラが結構出てくるようなのでものすごく満足できそう。

2016y01m06d_121135807.jpg

ペット



公開日:2016年

原題はPets。邦題をいじくりまわすことで評判の海外アニメ業界にしてはがんばったほうだと思う。

犬や猫の話だけど、予告編からは全くストーリーが見えてこない。一体ペットの秘密とはなんなのだろうか。
ミニオンズで乗りにノってるイルミネーションのことだからコメディ映画なんだろうね。楽しみだ。


Rock Dog


Rock Dog 2015 Trailer 投稿者 CGMeetup

公開日:2016年(日本での公開予定なし)

父親のカンパは息子に番犬の仕事を継がせたいけど、息子のボディは音楽で食っていきたいため上京するという話。

中国とアメリカの共同制作。アニメーションは中国とアメリカの共同スタジオのMandoo PicturesとアメリカのReel FX。
Reel FXは前に紹介した3D版ルーニーテューンズを作った所です。

どちらも長編アニメを作った経験が無いのでどんな映画になるかは未知数。
でも予告編を見た限りだとキャラクターは活き活きしてるし主人公の犬もかわいい。日本で公開されなさそうなのは惜しいけど見てみたいなぁ。

すごくどうでもいいことだけどバルトとニッキを融合させたようなオオカミも出てくる。

2015y12m22d_211104580.jpg

2016年2月5日追記:youtubeに上がってたトレーラーがなぜか著作権侵害で削除されました。やはりこの映画ワケアリか…




Волки и Овцы



公開日:2016年(日本公開予定なし)

タイトルが読めない。ロシア製アニメで情報もロシア語ばっかりだから全然ストーリーもわからない

とりあえずものすごく色っぽいメスケモオオカミが出るんで期待できてしまう。

2016y01m13d_005526938.jpg

日本で見られる日はいつになるのやら。

Clifford the Big Red Dog

2016y01m13d_005526938.jpg

公開日:2016年4月(日本公開予定なし)

Universal Sets 'Clifford the Big Red Dog' Release for April 2016
http://www.hollywoodreporter.com/news/universal-sets-clifford-big-red-722900


大好きなクリフォードが映画になるなんてうれしいなぁ!
と言いたいところだけど本当なんだろうか。クリフォードと言えば2Dアニメですけど、映画は3Dでライブアクションになるらしい・・・?
しかも公開が3ヵ月後?まだトレーラーも公開されてないのに?

多分企画倒れになってる。たとえ作ってても今年中の公開は怪しい。


あともう1つ、期待してる犬アニメがあるんだけど

タイトルはROBO DOG。製作は日本のMARZA ANIMATION PLANET。

140131_marza-animation-planets-560x404.jpg

犬のデザインが好みだから楽しみに待ってるけど、2013年の5月に製作を開始したとのニュースが発表されてからすでに2年8ヶ月。公式サイトでも音沙汰なし。

大丈夫なのかな…このまま消えたりしないよね?

バルト公開20周年を迎えて

  • 2015/12/22
balto20th anibersary


1995年12月22日にアメリカで公開されたバルトは本日公開20周年を迎えました。(正確には日本時間23日)

20周年記念にポスターっぽい絵を描いてみました。今までで一番よく描き込んだかな。

ブルーレイ出るならこんな感じのパッケージになってくれるといいなぁなんて思いながら描きました。もう出ないだろうから諦めてるけど。

このブログはバルトに関する記事を無数に書いてきましたけど、バルトの映画そのものを紹介する記事を書いたことはまで1度も無いです。私にとってバルトは特別すぎて今更どう紹介するべきかよくわからず後回しにしてました。私が書くより本編見たほうが絶対惹かれるに決まってるし。

そんな風に考えてたらいつの間にか4年も経ってる…

バルトに飽きることは無いだろうけど来年はズートピア狂になってるかもしれないからまたまた書くのは後回しになるかもね。

しかし20周年とは言っても全くなんの出来事も無い。日本じゃ祝ってるの自分くらいだし公式の扱いはとっくに終わってる。

でもバルトの絵描いてくれるならいつだろうと大歓迎だよ。

ドンブルースが映画版ドラゴンズ・レア製作への出資を募集中

  • 2015/11/08


リトルフットやアメリカ物語の制作者として有名なドン・ブルースが15年ぶりのアニメ製作を計画しています。その名もDRAGON'S LAIR THE MOVIE

キックスターターで出資を募集中です。

Dragon’s Lair: The Movie by Don Bluth & Gary Goldman
https://www.kickstarter.com/projects/donbluth/dragons-lair-the-movie/description


DRAGON'S LAIRというのは1983年に発売されたLDゲームのことで、ドン・ブルースはそれのアニメーション製作を手掛けました。



あまりにも難易度が高いためゲームそのものへの評価は高くありませんが、この質の良いアニメーションは今もマニアに高い評価を得ています。そこでこのゲームの映画版を作ってもらうために資金を集めようというわけです。

必要な資金は55万ドル。製作に取り掛かるまでの最初の経費に32%使用するため実際の製作費は37万4000ドルと見積もられています。

ただし、この55万ドルだけで映画が作られるわけではありません。
最初の21週でDon Bluth Filmsが脚本やストーリーボードなどの制作を進め、700万ドルの出資を投資家に求めるプレゼンテーションを行う所までの資金となります。

ドン・ブルースとゲイリー・ゴールドマンがディズニーから独立して1982年に作ったニムの秘密の製作費が700万ドルでした。現在アニメ映画の製作費は高騰しており、3Dでは安くても5000万ドルくらいかかるのが普通です。90年代後半の長編アニメでも1000万ドル以上が相場になっていたことを考えれば、700万ドルはかなり控えめな額と言えるでしょう。

今アメリカでは伝統的な2Dアニメがほぼ絶滅状態であるため、この企画は2Dアニメの現状を打開する数少ない機会だと期待が集まっています。2Dアニメは時代遅れな印象が一般的であるため、投資家からの協力が得られないそうです。

しかしキックスターターで出資が集まれば、それ自体が2Dアニメ映画への需要があると投資家にアピールする要素になります。それにドンブルース自身高齢であるためこの機会に映画製作ができなければ今後アニメを作ることも無いでしょう。

2015y11m08d_194439597.jpg

しかし…10日が経過した11月9日時点で14万ドルしか集まっていません。成功する企画はすぐ資金が集まる傾向にあるのでこれはかなり厳しい…。

ドラゴンズレアというマニアックな題材なためか…まさか2Dアニメの需要が無いとは思いたくないですけど。ファンの1人として私もわずかながら出資しました。金持ちなら$7,500出資してダフネ姫のフィギュア欲しいけど今そんな金無いので。

日本の海外アニメファンの方は、出資して2Dアニメの将来に貢献してはいかがでしょうか

Pagination

Utility

プロフィール

MASA

Author:MASA
ディズニーなどの海外アニメが好き。特にバルトが大好き。本当に犬しか見てないわけではないけど動物キャラが好き

Link

v65oai7fxn47qv9nectx_normal.png

アクセスカウンター

広告

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。